旅愁鉄道

旅愁漂う鉄道!国鉄及びJRについて語ります。

JR東日本新幹線戦略!その3「北陸新幹線で時速360キロ運転を」

現在、北陸新幹線の東京~金沢間の最速列車は2時間30分ですが、それでも飛行機の羽田~富山4往復・羽田~小松10往復が就航しています。北陸新幹線全国新幹線鉄道整備法施行令第三条二を改正して、高崎~金沢間で時速360キロ運転を行うことによって、東京~金沢間は2時間を切って、1時間台で結べます。そうすることによって、北陸は関西よりも近くなり、首都圏と北陸の交流は活発化して、関西よりも優位に立てます。さらに、以上上げた飛行機2路線も廃線に追い込むことができ、東北新幹線に次ぐドル箱路線に転化できます。どうか、北陸新幹線で時速360キロ運転を!