旅愁鉄道

旅愁漂う鉄道!国鉄及びJRについて語ります。

EF58(小窓・茶)登場!

f:id:jnron1991:20180613162346j:plain

国鉄EF58(1次形昭和30年代中期仕様)直流電気機関車(KATO製品)

 

EF58は、戦後復興、輸送力増強のために計画された「車両整備5ヵ年計画」「電化5ヵ年計画」により製造された戦後初の旅客用電気機関車で、貨物用電気機関車EF15とできるだけ同じ部品を使うように計画された共通設計(主電動機MT42・歯車比1:2.68)の機関車です。昭和21年から昭和33年までに175両が製造され、そのうち3両が貨物用のEF18となりました(定格総出力1900kw)。

しかし、名付けられたニックネームは、「欠陥機関車」で、製造当初(1次形)はデッキ付きのスタイルで、列車暖房用の蒸気発生装置は持たず、高速度遮断機も持たず、パンタグラフは電車用のPS13であるなどかなりお粗末なものでした。

昭和23年第一次改造により、高速度遮断機の取り付けや代用部品の標準化を行いました。昭和28年から昭和32年にかけて第二次改造を行い、SG1形蒸気発生装置一式を積んだ流線型車体に乗せ換えられ「欠陥機関車」の汚名を返上しました。

その、第二次改造を行った数年後の姿が、KATOからNゲージが製品化さているので以下に示します。